ホーム > 部門紹介 > 看護部

看護部[部門紹介]

ようこそ牛尾病院看護部へ
同法人内施設
けやきの郷(介護老人保健施設)
もみじ館(居宅支援施設)
(グループホーム)
ひのき(介護付き有料老人ホーム)
社会福祉法人
はなみずき(特別養護老人ホーム)
ときわぎ(特別養護老人ホーム)

看護部長挨拶

看護部長
医療法人竜仁会 牛尾病院は茨城県県南部の人口8万人の龍ケ崎市にあります。JR佐貫駅に近く、交通の便も良いところです。病院の裏側は田園が広がり四季折々心が癒される風景が広がっています。
少子化高齢化社会が深刻化する中、地域の方々が住み慣れた場所で最後まで安心して暮らし続けられるお手伝いをすることが当院の役割です。看護部は看護職員・介護職員で構成されていますが、多職種と協働してチーム医療を提供しています。また、関連施設とも連携をとり、一人ひとりの患者様のニーズに合わせた退院支援を行っています。
看護を志す仲間は年齢を問わず、やりがいのある場所があるはずです。「まごころの看護」を一緒に 提供しましょう。
看護部長 中川 恵子

理念・基本方針・倫理

医療法人竜仁会 牛尾病院 看護部
私達、看護師の基本的責任は、人々の健康を増進し疾病を予防し、健康を回復し苦痛を軽減することにある。
医療・福祉の分野で地域社会に貢献することを理念とする竜仁会で働く看護職員として、私達専門職の目指す姿勢を明らかにし、仕事をまっとうしたいと願う。
  1. まごころの看護
  2. 安心・安全の看護
  3. プライバシー・権利の尊重
  4. 看護の質の向上
  5. 生涯学習

仕事に対する姿勢

  1. 明るい笑顔をいつも心掛けましょう
  2. あいさつは進んでしましょう
  3. 常に相手の立場に立って考え、行動しましょう
  4. 1つ1つの行動を行う前に必ず確認をしましょう
  5. 相手の言葉行動は、耳だけでなく、表情と心で良く聴き取りましょう
  6. 職業人として、日々学習を怠らないようにしましょう

牛尾病院の良いところ

  1. アットホームな環境です。
    先輩ママナースより:認可の自設の保育園があるので、日勤常勤として働きながら子育てと両立できています。また、子育て中の同年代のスタッフも多く、育児相談にものってもらえます。
  2. プライマリ―ナーシングを通して病院から在宅、また施設へと、患者さんの生活スタイルに合わせたケアを学べます。
    多職種協同のカンファレンスをはじめとして、同法人内の施設(新人はローテーション研修がああります)及び社会福祉法人の施設を見学することで患者さんの生活の場をイメージングでき、ケアの場を学ぶ事ができます。
  3. ワークライフバランスに合わせた勤務が選べます。
    二交替・日勤のみ・夜勤のみ・パートと、子育て中の方も短時間勤務や、ワークライフバランスを支援しており、自分のライフスタイルに合わせた勤務体制を選ぶ事ができます。
  4. 看護部だけでなく法人の教育制度もあり、多職種協同の研修を受ける事ができます。
    看護部の研修は勤務時間内です。また、パートの職員も院内だけでなく、院外研修も出張扱いで勉強できるよう学ぶ姿勢を支援しています。
    e-ラーニング(自宅のパソコン・スマートフォンからも閲覧できます)を取り入れ、新人から達人まで、個々のニーズで個々のペースで,知識を習得できるよう好きな時間に好きな場所で学ぶ事ができます。
    認定看護師資格取得、看護学校に進学、通学の方の奨学金制度があります。
  5. 認可法人内保育園にて、職員が休日でも保育を受け入れています。
    対象は0歳から2歳児まで受け入れています。
  6. 病院だけでなく、在宅、施設への連携を学ぶ事ができます。
    周辺に同法人施設および社会福祉法人施設があり、研修として、また希望により異動する事も可能です。

看護体制

チームナーシング体制にプライマリーナーシングを取り入れ、一人の看護師が、一人の患者の入院から退院までを担当し、ケアの計画(実践)・評価を行っています。

教育体制

病院、そして看護部の理念に基づき看護ラダーに沿った研修を行っています。

看護部教育理念

  1. 組織および医療チームの一員として、質の高い看護が提供できる看護師を育成する
  2. 専門的知識や技術を活かし、社会に貢献できる看護師を育成する
  3. 看護師として誇りを持ち後輩を育成し、豊かな人間性を育んでいける看護師を育成する

教育基本方針

  1. 専門職としての自立・自律をサポートする
  2. 各自が実践成果を明らかにし、コミュニケーションを活性化する

新人教育

厚生労働省の「新人看護職員研修ガイドライン」に沿った教育を実施しています。また、プリセプター制度により技術だけでなく精神面の サポートもしています。

新入職者オリエンテーション・中途入職者オリエンテーションを行っています。
ブランクのある方にはマンツーマンで、指導致します。

年間スケジュール

e-ラーニング研修(看護手順・基準)

看護手順の統一化を図り、看護・介護技術のレベルアップを目標とし、基本的な看護技術や専門領域の最新知識を好きな時間や場所で学べるツールとして、e-ラーニング(自宅のパソコン・スマートフォンからも閲覧できます)を取り入れ、新人から達人まで、個々のニーズで個々のペースで、知識を習得するための支援をしています。

奨学金制度

看護学校に進学、通学の方の奨学金制度があります。スキルアップを考えている方はご相談下さい。
現在、介護員から准看護師、正看護師への進学コースへと勉強中の職員、進学者がいます。
奨学金の金額
例 准看護学校進学・通信による進学:入学金・授業料一括払込み
  看護学校・看護大学に進学:月7万円を支給します。
無資格の方もご相談をお待ちしています。詳しくはお問い合わせください。

資格取得支援制度

就学時に必要な費用(就学費、通学費)を給付型奨学金として支援します。また、就学中は出張扱いとして、毎月の給与を支給します。

認定看護師

病院「資格支援制度」により日本看護協会の認定看護師となりました。
緩和ケア認定看護師
緩和ケア認定看護師
(岡本 小織)
緩和ケアは主にがんと診断された時から痛みや不快な症状、気持ちの辛さなどをどのようにしたら取り除けるかを患者様、ご家族方々とともに考え、その人らしく過ごせるようにサポートしています。がん以外の疾患も同様に生活に寄り添ったケアを実践します。
認定看護管理者
認定看護管理者
(桑田 今日子)
副看護部長として病院の看護師、介護職員の教育だけでなく法人としての教育及び人材育成を担当しています。また、入院された方が安全で安心な入院生活を過ごされ住み慣れた家、地域での生活に戻れますよう安全管理、サービス向上にも取り組んでいます。

勤務条件

行事・サークル活動

サークル活動の写真の一部です。
承認されると、年間活動費が支給されます。
テコンドーサークル
テコンドーサークル
忘年会・バス旅行・サークル活動
忘年会・バス旅行・サークル活動

福利厚生

その年々に開催される行事もあります。
年間126日休日予定(2017年度公休プラス夏期休暇を含む)その他に有給休暇があります。
住宅手当は世帯主だけでなく、常勤全職員に支給されます。
▲このページのトップへ